Doorkeeper

アイデアソン by Asia Open Data Hackathon

Wed, 03 Jul 2019 18:00 - 21:30

SENQ霞ヶ関

東京都千代田区霞が関一丁目4番1号 日土地ビル2F

Register

Registration is closed

Get invited to future events

Free admission
申込多数の場合、選考となります

Description

Asia Open Data Hackathonの今年のテーマである「業務改善(Future of Work)」や「HERE API」の『インプットセミナーとアイデアソン』の申し込みページです。
こちらは、今年のテーマを深く知りたい方、ハッカソンにエントリーするチームを見つけたい方、業務ハックまたは地理空間情報技術(HERE API)に興味のある方を対象としたイベントです。

Asia Open Data Hackathonについて

このイベントは2017年から、台湾・韓国・タイなどアジアの国々と共に、共通の課題をオープンデータを活用して解決を目指す、というプログラムです。
日本では、VLED(一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構)と内閣官房、総務省等がサポートして開催しています。
このプログラムは、台湾・韓国・タイ・日本の4か国の各国から、テーマに沿ったプロダクトをオンラインでエントリーしていただき、選考を経て、プレゼンを競っていただくものです。
ただ、オンラインエントリーだけだと、まとまった時間も取れないことや、ハッカソンが初めてという方にとってハードルが高いと思いますので、日本ではその申込に向けた予選的なイベントをいくつか開催します。
それがここで募集しているハッカソンやアイデアソンです。

昨年のイベントの概要はこちら↓
Asia Open Data Hackathon 2018

2019年のテーマ

大きく2つのテーマがあります。どちらのテーマも優勝した場合、賞金と、国際的なCertificateが提供され、日本で10月に開催されるサミットで表彰されます(会場:東京大学を予定)。
賞金は各国ごとに1位を決めて提供されます。

テーマ1. HERE Technologiesの地図APIを活用したサービス

カーナビやAmazonの配送など、グローバル企業向けの地図技術提供で有名なHERE Technologies のAPIを活用したサービスを作るものです。優勝チームには1,500USDの賞金などが提供されます。

テーマ2.スマートライフを実現するための業務改善・就労環境改善サービス

自分の身近な業務の課題を解決するサービスや、働く環境を改善するサービスを作るチャレンジテーマです。ここでは特定のAPI等が指定されるわけではありませんが、いくつかの技術をインプットで説明します。優勝チームには賞金 2,000USDが提供されます。

このプログラムの全体スケジュール

※全てを参加しないとAsia Open Data Hackathonにエントリーできないわけではありませんので、自分にとって有益と思うイベントに参加して下さい!

①ハンズオン「はじめてのハッカソン」

  • 2019年6月26日 18:30開始
  • 対象:これからエンジニアになりたい方や、ハッカソン初心者の方
  • ここでイベント全体の説明も行いますので、ご参加いただけると詳細をご理解いただけるかと思います。

②インプットセミナー&アイデアソン「業務の非効率をハックする/最新の地理空間技術を活用しよう」

  • この申込ページのイベントです!
  • 2019年7月3日 18:30開始
  • 対象:今年のテーマを深く知りたい方、ハッカソンにエントリーするチームを見つけたい方、業務ハックまたは地理空間情報技術(HERE API)に興味のある方

③ハッカソン

  • 2019年7月6日-7日 終日
  • 対象:リアルイベントでしっかり実装の時間を取りたい方や、メンターのエンジニアからサポートを受けながら開発をしたいという方
  • オンラインエントリーだけだと味気ないので、日本では実際に集まって開発する場を提供します。

④国際ハッカソン「2019 Open Data Challenge」へのオンラインエントリー

  • 2019年7月17日締切
  • 台湾のオーガナイザーが統括するWebサイトでのオンライン申込をしていただくことでAsia Open Data Hackathonにエントリーいただきます。※エントリー方法は近日中にアナウンスします。
  • 対象:どなたでもエントリー出来ます。プレイベントに必ず参加する必要はありません。

ここで申込を受け付けている「インプットセミナーとアイデアソン」の内容

(1) HERE Technologiesのセミナー

国際スポンサーであるHEREの地理空間情報関連APIの説明を行います。昨年もスポンサーとして参加いただきましたが、今年は地図データ、APIに大幅にアップデートがあったので、昨年参加された方もぜひご参加ください。
HERE のAPIとSDK
※スポンサー賞も用意されています。
DSC_0849.JPG

(2) COTOHA APIのセミナー

注目の自然言語処理技術のAPI。こういうことが出来るやつです↓
- GoogleのAIとNTTのAIを融合したら最強の業務カイゼンツールが爆誕した

(3) kintoneではじめる業務ハック実例セミナー

kintoneに特化した業務改善開発のスペシャリスト集団 JOYZO による事例インプット。
名前はよく聞くけど触ったことが無いという方、必見です。

(4) アイデアソン

参加いただく皆さんの身近な課題の発散と共有を行い、オープンデータや地理空間情報、APIと連携して作れるサービスアイデアを収束する内容です。インプットを経てから実施するので、特段準備は不要です。
ハッカソンで一緒に参加するチームを探す目的でもぜひご参加ください。

タイムライン

時間 内容
18:00 受付開始
18:30 開始・イントロ
18:40 COTOHA API:自然言語処理技術を使って業務改善に挑もう
18:55 kintoneではじめる業務ハック実例
19:15 休憩
19:20 HERE API:地理空間情報×XX
19:40 推奨提供データセット・各国のオープンデータ
19:50 アイデアソン
21:10 発表とチームビルディング
21:40 終了

持参していただきたいもの

  • PC(このイベントでは特段不要ですが、ハッカソンでは必須になります。)

事前相談について

Slackのワークスペースを用意しています。
以下のURLからアクセスしていただき、# 運営への質問 チャンネルからお問合せ下さい。
環境構築についての質問等もこちらでお願いします。
Asia Open Data Hackathon Slack ワークスペース

賞について

  • 優勝 $2,000
  • HERE Technologies スポンサー賞 $1,500

両方とったチームは $3,500です。
さらに、優勝したチームは日本で開催するオープンデータのサミットで、表彰され、国際的なCertificateを授与します。
優勝チームは各国1チームずつ選出されます。

FAQ

  • Q1: エンジニアじゃないけど大丈夫?
  • A1: この申込ページは『インプットセミナーとアイデアソン』なので、大丈夫です。が、最終的に作成を目指していただくプロダクトはエンジニアがいないと厳しいと思います。技術的に不安という方は、事前に開催されるハンズオンにご参加下さい。

  • Q2: この『インプットセミナーとアイデアソン』に参加できないけれど、ハッカソンやオンラインエントリーから参加することは出来る?

  • A2: はい、大丈夫です。

  • Q3: 日本で一位になると$2,000ゲットできるの?

  • A3: はい。各国で優勝チームを選出しますので。

About this community

HackCamp

HackCamp

HackCampとは? キャンプを楽しむように、ものづくりを楽しもう。 HackCamp は、楽しみながら新しいものを生み出したい、全てのハッカー/クリエイターの為のハッカソンコミュニティです。 課題解決の為のハッカソンや、新技術を使ってみるハッカソン、多様な人が集まり発想するアイデアソン、そしてそこに飛び込むためのハンズオンなどを実施しています。 イベント不定期なので、ご興味のある方...

Join community